[site top]

キャラクタと世界観 | 竹井戸村

トップに戻る | Back Top

世界観

むかしむかしあるところに、小さな道がありました。
細く長いその道は特に何もなく、旅人はひと休みすることもできずに通り過ぎるばかりでした。

ある時、その道が通る竹藪の中にある家主が見かねて旅人に井戸水をふるまうことにしました。
喉を渇かした旅人には、この水はとてもありがたく疲れた体を癒したそうです。

それからと言うもの旅人が集まるようになり小さな村ができ、竹井戸村と呼ばれるようになりました。

キャラクタ紹介

dameko 空 だめ子  画像が気になるニュースを集めるのを担当

nakabi ナカビーⅡ世  よく読まれてるニュースを担当

kukkiee クッキー  新着ニュースの担当

ahiru あひるがあがあじごく  コメントエリアが活発なものを担当